でぼの韓国旅行ブログ

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。旅をしながら、食を楽しむ。

【韓国旅行】1日の締めくくりは乙支路(ウルチロ) ノガリ横丁で乾杯!

 

여러분 안녕하세요~.

でぼです。

 

私は、おじさんの中に混じってお酒を飲む事が好き!

 おじさん達が、1日の終わりに一杯引っ掛けていくような風習は、韓国にもある。ディープソウルとも言っていいだろう。

 そんな、おじさん達とワイワイガヤガヤ飲めるような場所”ノガリ横丁”を今日は、紹介したいと思う。

 

 

 

ノガリ横丁

 

'乙支路OB・ベア'が1980年11月に乙支路で初めて商売を始めたのが最初。

乙支路周辺が'産業特化通り'だったが、近くの印刷工場が24時間運営していたため、職員が徹夜勤務した後、ノガリにビール一杯を飲みながら一日を終わらせた。

それ以来ますますビール屋がたくさんできたとのこと。


最近人気がある理由はレトロな雰囲気のため。

今は産業構造が変化して乙支路周辺にたくさんあった工場消えて活力を失ったが、その空白を若い芸術家たちが埋めている。

それでレトロな雰囲気が流行。さらには、ビールやノガリの価格が安いから人気高まっている。

 

アクセス

 

最寄駅は、地下鉄2号線乙支路三街駅です。

f:id:topisasby:20191012093435j:plain

ウルチロサムガ


 

3番出口を目指します。

f:id:topisasby:20191012093458j:plain

 

この階段を上に上がります。

f:id:topisasby:20191012093514j:plain

 

外に出ると写真のような光景が広がっていると思います。

この建物から右にある路地に入っていきます。

f:id:topisasby:20191012093530j:plain
 

右に曲がるとこんな感じ。

そのままずっと直進してください。

f:id:topisasby:20191012093547j:plain
 

そうしているうちに、もう到着です!

このようにテーブルと座席があります。


f:id:topisasby:20190920142859j:image

f:id:topisasby:20190920142902j:image

 

このOBベアーがノガリ横丁で一番おすすめですが、私達が行った日は、チュソクでお休みでした。

f:id:topisasby:20191012094346j:plain
 

行った時刻は、16時。

さらに、チュソクだったため

いつも賑わっているノガリ横丁の雰囲気ではありませんでしたが、それでもこの感じ!

 

f:id:topisasby:20191012094328j:plain
 

入店の仕方

 

基本的に皆さん外で食べたいと思いますが、

入店はいたって簡単。

 

座席に座ると、店員さんが来てくれます。

 

f:id:topisasby:20190920143605p:image

 

만선호프(マンソンホプ)

 

私たちは、このマンソンホプに入店。

辺りを見渡すといたるところにマンソンホプ。

 

もう、OBベアが開いていないなら選択肢は1つマンソンホプ(笑)

 

f:id:topisasby:20191012093612j:plain

 

メニュー

 

やっぱり注文は、、、、、

ノガリ 1000ウォン

生ビール 3500ウォン

 

隣のおじさん2人組は、これだけ注文して食べて飲んで楽しんだら帰っていました。

これが、乙支路スタイルだと思います。

 

f:id:topisasby:20191012093828j:plain
f:id:topisasby:20191012093847j:plain

 

しかし、

私達は、ノガリを注文しませんでした(笑)

 

砂ズリの唐揚げ(닭똥집튀김)13000ウォン

ニンニクチキン(치킨마늘반마리)9000ウォン

f:id:topisasby:20191012093921j:plain

砂ズリの量が多くて顎が疲れました(T_T)

 チキンは、めっちゃニンニクが効いてて、ビールには最高です。

 

2つとも美味しかったのは美味しかったですが、このコンビでの注文は、あまりオススメしないかも、、、、。お腹いっぱいになりました(T_T)

 

ビールなんですが、cassは、味が薄すぎて飲めないって方は、terraとかも瓶ビールでありますので注文してみてください。

 

チュソクでも、賑わいを見せていた、ノガリ横丁。いい雰囲気で、お酒が飲めました!

 

以上、一日の締めくくりは、乙支路ノガリ横丁で乾杯!でした。

 

오늘 여기까지.