でぼの韓国旅行ブログ

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。旅をしながら、食を楽しむ。

【福岡旅行】 一口餃子のルーツ 宝雲亭 中洲

 

여러분 안녕하세요~.

でぼです。

 

今回は、福岡グルメの一口餃子のルーツとも言われている、宝雲亭に行ってきました。

長崎で有名な宝雲亭も、中洲店の暖簾わけ。

九州の餃子界の重鎮が宝雲亭なのです。

 

 

宝雲亭

 

昭和24年から続く蒸し焼き餃子の店です。

 

冒頭にも言いましたが、一口餃子のルーツとも言われています。

 

最近は、福岡に餃子ブームが到来しており、店舗数も多くなってきています。

先日、博多駅前にある、旭軒をご紹介しましたが、この旭軒と同様に、福岡餃子の老舗店として、宝雲亭も人気が高いです。

 

場所も、中洲に位置していることもあり、サクッと食べれる餃子は、おじさま方に好評です。

 

f:id:topisasby:20191226122733j:plain

 

行き方

 

中洲のうまいもん通りと勝手に呼ばせていただきます。

錦小路通りにあります。

 

豚そば月やの斜め前あたりにあり、うまいもんがゴロゴロある通りです。

開拓したいですね。

 

 

メニュー

 

一口餃子(1人前 10個) 550円

牛すじ煮込み 770円

塩ホルモン炒め 770円

レバニラ 770円

瓶ビール 600円

f:id:topisasby:20191226123129j:plain

 

お通し

 

酢もつ 220円(一人あたり)

 

カイワレ大根も入ってて、うまい!

こってり、こってりしたものを食べるから、さっぱりした酢もつはありがたいです。

食感も美味しいですよね。

 

f:id:topisasby:20191226123808j:plain

 

牛すじ煮込み

 

770円メニューの中から、牛すじ煮込みを選択。

レバニラも捨てがたいが、肉付きの二人は、牛すじ一択です(笑)

 

出されたのは、想像していたものと違い、肉も大きく、ゴボウも大きいものが結構入っていました。

 

牛すじ煮込みだと柔らかいお肉を想像していました、肉!って感じの食べ応えのあるものでした。

 

これはこれで美味しい。

 

f:id:topisasby:20191226124057j:plain

 

一口餃子

 

こんがりと焼けた一口餃子。

 

ここの店の特徴として、にんにくを使用してありません。

具材は、玉ねぎ、ニラを使用してあり、お肉は、牛3豚7の合い挽きミンチとのことです。

 

この餃子を一口サイズにしたところがずるいですよね(笑)

 

パクパクとあっという間に食べてしまいますし、福岡のとり皮注文の仕方のように、人数分より多く注文してしまいそうです。

 

客単価も上がります。

 

f:id:topisasby:20191226124458j:plain

 

餃子とビールの組み合わせ

 

餃子には、ビール!

時々、ハイボールと一緒に食べたりしますが、オヤジくさい店での餃子は、やっぱりビールです。

 

さらに注文するのは、生ビールではなく、瓶ビール。

キリンラガービール。

 

この組み合わせが、一番良い。

 

男ごはんでナレーションの方が、チャーハンと餃子の組み合わせをチャギョウと言っていましたが、私は、餃子とビールのギョビおし!

f:id:topisasby:20191226125229j:plain

 

私は、宝雲亭で、餃子とビールを楽しむ事ができて幸せです。

 

以上、一口餃子のルーツ 宝雲亭の紹介でした。

 

오늘 여기까지.

 

<福岡餃子おすすめ>