韓国likeな生活 -한일traveler-

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。日韓カップルデートの記録。

【釜山旅行】 フェアフィールド・バイ・マリオット釜山 海雲台 ホテル 宿泊記

여러분 안녕하세요~

デボです。

 

今日は、前回にお伝えしていたように

SPGアメックス発行で得られる

マリオットボンヴォイのゴールドエリートを利用して来ました。

 

韓国釜山の海雲台にあるカテゴリー3に部類する

フェアフィールド・バイ・マリオット釜山に宿泊してきましたので、

ご紹介します。

 

 


f:id:topisasby:20190514213938j:image

予約について

 公式アプリで予約しました。

 

部屋タイプ

スタンダード キング

ゲストルーム シティビュー

2名利用

 

料金

7610円

 

リクエス

宿泊の何日か前に、今回初めて利用するので

どうした良いのか、、リクエストはどんなものが出来るのかわからなかったために

デスクに聞かずに、ANAマイル取得の専門家チャックバス様にツイッターにてDMしてお聞きしました。

すると、親切に返事をしてくださりました。

 

そして、私は、アプリのチャットで

ホテル側にメッセージをしました。

 

日本語で、

部屋のアップグレード

ハイフロアアサイン、追加のタオルを希望しました。

 

すると英語で返事が来て

最初からゴールドエリートだったので

プレミアキングハイフロア

ゲストルームキングシティビューにアップグレードされていました。

 

アクセス

 

下記の記事で紹介している方法で、

シャトルバスを利用される方は、Paradise Hotelで下車してください。

 

www.kjtraveler.com

 

地下鉄を利用される方は、海雲台駅から少し歩きます。

 

 

部屋

 

ホテルついてカードキーをもらいエレベーターで

いざ、部屋へ!

f:id:topisasby:20190514221714j:image

はい、ピカリと光りました。

最上階。

これは、メッセージを送ったおかげだと思います。

 

ダブルテイクと慶州に行くために

一泊開けて計2回フェアフィールドに泊まったのですが、2回目の時は、16階でした。

 

扉を開けると明るい部屋が待っています。

f:id:topisasby:20190514222051j:image

 

リクエストしていたタオルも置いてありました。

 

f:id:topisasby:20190514222215j:image
f:id:topisasby:20190514222218j:image

 

女性の方にとっては、

アメニティが少ないと思います。

クレンジングオイルが無くて

彼女が困っていました。

 

クレンジングオイルような

細かなリクエストも応じてくれるのでしょうか?疑問です。

 

キングベッド

f:id:topisasby:20190514222423j:image

 

足元には、大きなテレビ
f:id:topisasby:20190514222419j:image

 

バス、トイレは、別々です。

しかし、ドアが共有です。

f:id:topisasby:20190514222528j:image

 

他の部屋も作りは、ほとんど同じなので

友達と宿泊する際には、

脱衣所等がないので恥ずかしいですよね。

 

そんな時には、、、、

 

before

f:id:topisasby:20190514222917j:image

after
f:id:topisasby:20190514222920j:image

このように扉を閉めたら

部屋を二つに分けることができます。

 

無料提供

 

飲料水

f:id:topisasby:20190514223138j:image

 

コーヒー等

f:id:topisasby:20190514223215j:image

 

最上階からの眺め

f:id:topisasby:20190514223135j:image

写真の右側に写っているのは、幽霊ではありません。

彼女の腕です(笑)

 

部屋は、

コンセントも多く、Wi-Fi、携帯全て同時に充電できました。

特に不便なかったです。2回目に利用した時に1つ問題がありましたが、、、、。

 

料金も安く、スタッフの対応もよかったです。

 

ダブルテイクも成功!

リクエストも成功!

プラチナ修行?などをされている方にはオススメかもしれません。

よくわかりませんが(笑)

 

釜山旅行の拠点としては、お勧めします。

なぜお勧めなのかは、次回から紹介して行きます。

 

 

오늘 여기까지