でぼの韓国旅行ブログ

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。旅をしながら、食を楽しむ。

【韓国旅行】フェアフィールド・バイ・マリオット・ソウル 永登浦 ホテル

여러분 안녕하세요.

でぼです。

 

前回、永登浦までの行き方をご紹介しましたが、宿泊先は、釜山旅行に引き続きフェアフィールドにしました。

 

同じフェアフィールドで、違いはあるのかなどを調べたかったのと、永登浦があるのはソウルの左下のエリアで、私は行ったことがありませんでした。

そこで、このフェアフィールド・バイ・マリオット・ソウルに宿泊してみました。

 

結論から言うと部屋の作りなどはほとんど同じで、マリオットグループの中では最安値で宿泊できるホテルです。男性には夜の街(繁華街)としても有名です。

このブログでは、立地やサービスの面での違いがあった部分を紹介したいと思います。

 

 

 

フェアフィールド・バイ・マリオット・ソウル

 

ソウル南西部に位置し、ソウルの観光地からは離れていますが、金浦空港・仁川空港からもアクセスしやすい場所に立地しています。

 

マリオットカテゴリー3に分類され、日によっては最安値で宿泊できます。

 

アクセス(行き方)

永登浦駅の5番出口から出ると、

目の前に見えます。

 

永登浦駅までの行き方は記事にしています。

地下鉄

 

f:id:topisasby:20190615172441j:plain

永登浦駅

 

入って右手にカウンターがあります。

左手には、自由に利用できるパソコンがおいてあります。

 

f:id:topisasby:20190615172842j:plain

 

 

快適なエレベーター

チェックインを終え、

エレベーターで部屋に上がろうとすると、、、、

 

f:id:topisasby:20190615173037j:plain

 

普通、セキュリティなどの観点から

エレベーターの中にある機械にカードキーをタッチすると

自動で部屋の階が選択されると思いますが、

 

ここのエレベーターの仕組みは、

上の写真の機械にタッチすると、6台あるエレベーターの中から一番早く来るエレベーターを選択してくれるというハイテクエレベーター。

また、中に押しボタンが1つもなく、モニターがあるだけ。

私が、オフィスビルを利用するような仕事ではないので、新鮮ですごく便利でした。

f:id:topisasby:20190615173530j:plain

 

 

スタバ併設

 

スタバとセブンが併設!

併設といいますか、行き来はできませんが一階にあります。

 

スタバは8時からオープンしていますので、

朝から美味しいコーヒーがいただけます。

 

f:id:topisasby:20190615174036j:plain

 

中もオシャレで、壁画が変わってました。

f:id:topisasby:20190615174138j:plain

f:id:topisasby:20190615174155j:plain

 

朝食

 

朝食が無料。

7:00〜10:30まで利用可能で、サンドイッチとコーヒーorオレンジジュースがいただけます。

 

1日目のサンドイッチ

トマト&レタス&チキン

f:id:topisasby:20190615174410j:plain

 

2日目のサンドイッチ

ハッシュドポテト&ベーコン&コーン

f:id:topisasby:20190615174514j:plain

 

わたし的には、2日目の方が美味しかったです。

 

2日目の朝食は、少し豪華に(笑)

 

f:id:topisasby:20190615174814j:plain

 

これらにプラスして

セブンのご飯と最近人気があるらしいピーチ味の牛乳。

f:id:topisasby:20190615175027j:plain

f:id:topisasby:20190615175039j:plain

 

このホテル立地を生かした朝食となっております。

 

1日目は、ちょっと外に出てピクニック風にしました。

2日目は、ニューヨーク風にして食べました。

 

朝食をもらえる場所は、ホテルの3階ビストロ870でピックアップできます。

f:id:topisasby:20190615175305j:plain

 

バイキングの方は、ここで朝食を食べることができますが、

サンドイッチとコーヒーの下級階級の方は、テイクアウトです(笑)

 

このピンクのチケットを受付で渡すと、紙袋に入れて準備してくれます。

f:id:topisasby:20190615175446j:plain

 

 

部屋

 

部屋の作りは、釜山と同じです。

【釜山旅行】 フェアフィールド・バイ・マリオット釜山 行き方 海雲台 ホテル - でぼの韓国旅行ブログ

 

違いは、自動換気システムを自分たちで調節できます。

 

天井についています。

5、6万円ぐらいするらしいです。

f:id:topisasby:20190615180937j:plain

 

 

ジム

 

ジムの規模が全然違う。

 

f:id:topisasby:20190615181053j:plain

f:id:topisasby:20190615181117j:plain

f:id:topisasby:20190615181151j:plain

 

f:id:topisasby:20190615181336j:plain

 

 

ホテル近くのおすすめグルメ

 

ホテル近くにすごく美味しい焼肉屋さんがあるのでぜひ行ってみてください。

www.kjtraveler.com

 

 

最後に

 

このホテルの客層は、東南アジア系の団体客が多いイメージでした。

 

周りには、百貨店が2店舗。

飲食店も多く、近場で済ませようと思えば、不便なく韓国を満喫できると思います。

 

男性ならいいですが、女性一人には、少しお勧めできません。

理由は、飲食店街の方に行くとモーテルが多く夕方になると、百貨店の前で炊き出しをしています。なので、少し雰囲気が怖いです。

 

ご参考までに、、、。

 

次回から、ホテル周りのオススメの店を紹介して行きます。


오늘 여기까지.