でぼの韓国旅行ブログ

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。旅をしながら、食を楽しむ。

【韓国旅行ブログ】江南(カンナム)のホテル・グルメをエリア別に解説!

ロッテタワー

여러분 안녕하세요~.

でぼです。

ソウルの高級住宅街として知られている江南(カンナム)ですが、ライブ会場やショッピングエリアとしても人気の観光地となっています。

初めての方は、”江南ってどんなとこ?コンサート会場に近いホテルが良い!江南グルメも楽しみたい!けどよくわからない”などたくさんの疑問をお持ちだと思います。

そこで、でぼが江南在住の彼女と一緒にみなさんの疑問を解決します!

 

江南(カンナム)エリアってどんなとこ?

江南の地図

バスは高速ターミナル駅・星はコンサート会場

 

江南とは、ソウル市内の南東部にあるエリアで、ソウルで最も富裕層が住む街として知られています。

<江南についての小話>

江南をクローズアップしてみてみると、テヘラン路という道を境に北(緑・オレンジ)と南(水色・紫)に分けることができます。北側は代々お金を持っている富裕層が多く住むエリアです。勉強ができなくても他の国へ留学することで解決するため、子供の教育を財力で解決する家庭が多いようです。

対して、南側は一代でお金持ちになった人々が多く住むエリアです。大金持ちまではいかない中層階級の人が多いため、子供たちにも勉学が大事だと教育し、良い職業に就かせたいという雰囲気があるそうです。(※あくまで彼女の一個人としての見解です)

 

緑(狎鴎亭・清潭洞)

雰囲気の良いカフェ・高級住宅街・高級ブランドが多くあるエリアです。

オレンジ(三成・江南区庁)

オフィスが多いエリアです。

水色

オフィスと住宅街が混在しているエリアです。

ほとんどが住宅街のエリアです。

 

仁川空港・金浦空港から江南(カンナム)

9号線

仁川空港・金浦空港から江南(カンナム)の移動方法としては、オレンジエリアを通っている地下鉄9号線の利用がおすすめです。

バスやタクシーもありますが、安く正確に移動できる地下鉄が今のところ1番です。 

利用方法は記事にしています↓

 

江南(カンナム )のおすすめホテル

高級ホテルが良い人は、緑とオレンジエリアに多くあります。

1万円以下のホテルやゲストハウスが良い人は、オレンジ・江南駅周辺の水色のエリアに多くあります。私的には、カンナムのホテルはオレンジエリアで予約するのが良いと思います。

 

オレンジエリアがおすすめな理由

  • 9号線・2号線の駅が近い(コンサート会場などに移動しやすい)
  • GOTOモール・COEXにアクセスしやすくグルメ・ショッピングに困らない
  • ホテルの数が豊富
  • 都心空港があり時短できる

 

ホテルカプチーノ

9号線オンジュ駅近くにあるホテルで、スタイリッシュな部屋で屋上にはレストランとルーフトップバーがありお洒落です。値段もお手頃なので女性に大人気となっています。

 

メルキュールホテルソウル江南ソドベ

安心できる世界的に有名なホテルチェーンに宿泊したい方におすすめ!

1泊1万円以内で泊まれる日もあるので、チェックしてみてください。

 

Kグランドホステルカンナム1

シンノンヒョン駅の近くにあり、カンナム駅やカロスキルにアクセスしやすいホテルです。

ホステルであるため、朝食付きで3000円台〜あります。

私も一度宿泊したことがありますが、日本語ができるスタッフもいて、女性専用のプランもあるのでおすすめです。

 

 

江南(カンナム)のおすすめグルメ

朝食には、EGG DROPがおすすめです。

みなさんもSNSで見た事があると思いますが、映えるだけでなく味も美味しいんです!

ふわとろの卵がとても美味しいのでぜひ行ってみてください。

 

お昼ご飯には、ノランサンソカルビがおすすめです。

江南区庁の近くは、グルメ通りとも言われており激戦区となっています。そんな激戦区でも人気を集めているのがノランサンソカルビです。私は、夜に行きましたが夜は夜で美味しいグルメを食べたいので、ランチはカルビを食べましょう!

 

晩ご飯には、教大二階家がおすすめです。

江南駅近くに2店舗、ソンルン駅、サムソン駅近くにそれぞれ1店舗ずつあります。

お近くのお店で、サムギョプサルを食べましょう!

 

まとめ

ひとくくりで江南と言っても様々なエリアがあります。初めて江南を訪れる方は、今回ご紹介した地下鉄2号線と9号線を利用できるオレンジのエリアをおすすめします。

この記事が皆さんの韓国旅行がいい思い出となる手助けになればと思います。

以上、【韓国旅行ブログ】江南(カンナム)のホテル・グルメをエリア別に解説!でした。

오늘 여기까지.