でぼの韓国旅行ブログ

韓国人彼女と付き合う九州男児がオススメする韓国旅行。旅をしながら、食を楽しむ。

【おすすめ】調理時間5分の簡単オレオアイス・オレオかき氷の作り方

オレオアイス

여러분 안녕하세요~.

でぼです。

韓国では数年前からオレオブームで、オレオメニューを良く街で見かけます。

そんな中、最近ではおうちで簡単にできるオレオチーズケーキなどが人気です。そこで、これからの夏に食べたくなるようなオレオクッキーをを使用した、オレオアイスとオレオかき氷(ピンス)をご紹介します。

2つとも混ぜて凍らせるだけの超絶簡単レシピです。暑い季節にぴったりのメニューなので、サクッと作って保存しておけばいつでも食べたい時に冷んやり美味しいスイーツがいただけます。

 

シャービックを使用したオレオアイスの作り方

 

準備するもの

シャービック1袋

牛乳 400ml

オレオクッキー 適量

 

皆さんシャービックってご存知ですか?

1986年にハウス食品から発売されたロングセラー商品です。イチゴとメロン味の2種類の味があり、手軽にシャーベットアイスが食べれるとして世代問わず人気!

今回は、母からシャービックを作ってもらった懐かしい思い出とオレオクッキーを掛け合わせてみました。

1、シャービックと牛乳を混ぜる

混ぜる

シャービックを1袋と牛乳400mlを混ぜます。公式レシピには水と書いてありますが、より美味しくするために牛乳で混ぜることをおすすめします。牛乳を混ぜることによって口当たりもなめらかで、風味もますそうです。

綺麗に粉が溶けたらOKです。

 

2、容器にオレオとシャービック液をいれる

オレオクッキー
シャービックとオレオクッキー

オレオは、砕いたりそのまま入れたりしてお好みでアレンジしてみて下さい。

シャービック液を入れたら、冷凍庫で3時間凍らせて下さい。

ここまでの作業時間は5分です。混ぜて容器に入れるだけ。

容器は製氷トレイに入れたり、ハートなどの型に流し込む方法もあります。

 

3、オレオアイス完成

オレオアイス

見た目はそんなにおしゃれじゃないけど、めっちゃ美味しいです!!!

オレオクッキーは、砕いてたくさん入れた方が美味しさが増します。イチゴアイスとオレオクッキーの相性も抜群。

 

オレオかき氷の作り方

韓国かき氷ピンスを自宅で簡単に味わえるメニューです。そこにオレオクッキーを載せると有名チェーン店ソルビンにも負けないオレオピンス(オレオクッキーモンスター)の完成です。

準備するもの

牛乳 400ml

練乳 100ml

オレオクッキー 適量

ジップロック Lサイズ

 ジップロックがなければビニール袋でも可。

1、牛乳と練乳を混ぜる

ジップロック

ジップロックに牛乳と練乳を入れジャバジャバ振りましょう。こぼさないように気をつけて!

練乳が多過ぎると固まらなくなるので、作る量を増やす場合は分量の割合を守って増やして下さい。

 

 

2、ジップロックに入れて凍らせる

ジップロックと材料

綺麗に混ぜたら、ジップロックに入れて空気を抜いて平になるようにします。

ジップロックはLサイズを準備したら、一袋で作れますが、小分けにしても大丈夫です。

 

3、盛り付ける

氷

3時間以上冷凍した後に取り出して、硬い棒やしゃもじなどで細かく砕いていきます。

袋が破ける可能性があるので、タオルの上などから叩いて下さい。写真の大きさよりも細かく砕きましょう。

砕いたら、皿に盛り付けます。

 

4、オレオかき氷完成

オレオかき氷

甘さが足りないと思うので、追加の練乳をかけます。

そして、オレオクッキーをお好みで砕いて振りかけたらオレオかき氷の完成です。

お店で食べるかき氷超えの味???かき氷をいれる器も冷やしておくと、より美味しくいただけます。 

 

まとめ

オレオシリーズはいかがだったでしょうか?

私がこれまでに紹介したレシピの中で1番簡単だったのではないでしょうか。

5分で美味しいデザートがいただけるなんて最高です。

”オレオは人々を幸せにする”

皆さんもぜひオレオを使ったデザートを作ってみて下さい。

 

以上、【韓国デザート】調理時間5分の簡単オレオアイス・オレオかき氷の作り方でした。

오늘 여기까지.

www.kjtraveler.com